〒990−0056 山形県山形市錦町6番15号 TEL:023−622−8855 FAX:023−633−7810


   洋 装
   和 装
   仏 式
   烏帽子筥迫入場
和装STORY門出式
結婚情報サービス





オリジナルウェディング(烏帽子筥迫入場)


 ブライダル武正がご提案する和のオリジナルウェディング。
結婚式に元服の儀式と謡を取り入れ、また、嫁ぐ娘へ母親の手で行う花嫁支度をセレモニーとして行うものです。

新郎は、狩衣を着、烏帽子親より烏帽子(えぼし)をいただきます。
新婦は母親より、妻として母として生きることの心構えとして、筥迫(はこせこ)・懐剣・末広を身支度してもらいます。  

日本の伝統文化を西洋音楽と融合させ、音楽・照明等の演出にこだわっています。
(商標登録出願済  ビジネスモデル特許出願済)

 ■烏帽子筥迫入場

 烏帽子に続いて入場。
 西洋音楽と謡が融合した他にはない音楽で
 ご入場いただけます。

 ■烏帽子付け(1)

 はじめに新郎が烏帽子親より
 謡に合わせて
 烏帽子をつけてもらいます。

 ■烏帽子付け(2)

 烏帽子親は新郎が尊敬の念を抱く人物
 恩師、職場の上司、親戚の方などがよいと
 思われます。

 ■烏帽子付け(3)

 男子、結婚して晴れて一人前の大人として
 認められるとの考え方もあり
 元服の意味も込められています。

 ■母の娘への身支度

 嫁ぐ娘に、母が花嫁仕度を整える
 筥迫(はこせこ)、懐剣、末広の儀を
 行います。

 ■懐剣、末広、筥迫

 写真上より、懐剣、末広、筥迫。
 新婦の打掛の胸元に入れるこれらは
 一つひとつに母から娘への教えが
 込められています。

 ■鈴女の導きで  新郎のもとへ

 鈴女(すずめ)が鳴らす鈴の音に導かれて
 花嫁仕度を整えた新婦は新郎のもとへ。
 一つひとつに母から娘への教えが
 鈴女は妹や親族の若い女性が
 ふさわしいでしょう。
TOPへ


 

有限会社 ブライダル武正
〒990−0056 山形県山形市錦町6番15号
TEL:023−622−8855 FAX:023−633−7810
E-mail:
mail@takeshow.info
Copyright (C) 2003 Bridle Takesho. All Rights Reserved